ショーケースについて説明します

店舗の什器として使用されており、店舗の雰囲気やテーマに合わせてオーダーメイドで作るショーケースには様々な種類があります。ガラス製のショーケースが多く、小さい物ではアクリル製がありますが一般的ではありません。陳列する商品によって使い分け、鍵が付いている物や開け口が引き出し式・上から開く方式・扉方式などがあります。セキュリティの問題点からオプションで強化ガラスに変更したり、特殊なフィルムを貼る事も可能です。照明の位置によって見栄えが変わり、背面に鏡をプラスする事で照明効果を高めたり、奥行きをだす効果も期待できます。フレームを木製やアルミ製などに替える事でイメージが変わり温かみやクールさを演出できます。耐震機能も必要で、品物を守るだけでなく近くにいたお客様をガラスが割れた際に守れる対策が大事です。店舗だけでなく教育施設で見かけるトロフィーや優勝旗などを飾るショーケースもあります。Rケースやコーナーケースは店舗のレイアウトに合わせた物を作成する事が重要です。折りたたみできるガラスケースもあり、収納に便利でTPOに合わせた使い方ができます。