額縁の選び方

額縁は、写真や絵を引き立て役です。
ですので、そのものに合った額縁を選ぶことが大切だと思います。
まず、風景の写真には、フレームの細いものを選ぶとよいです。
フレームの細いものでも、木の風合いを出したものや、
シルバーやゴールドのようなメタリック調のもの、
黒や白に塗装が施されたものもあります。
同じ黒でもつやアリとつや消しでは、少し感じが変ります。
写真にもよりますが、風景の自然な感じを壊したくないなら、木目調で、
逆に、写真の自然を印象付けるために、
あえて、メタリック調をもってくるという考えもあります。
リトグラフのような繊細な版画は、黒の細いフレームが合うと思います。
油絵には、重厚な感じで、フレームの太いタイプが定番とされています。
例が適切がどうか分かりませんが、
これは、着物に帯を合わせると同じくらい、合わせてみなければ分かりません。
油絵でも人物画や風景画、静物画など様々です。
描いたひとの思い入れなども、考慮して、
なるべく多くの種類から選ぶのが良いと思います。